はじめに

 

都立蘆花恒春園(東京都世田谷区粕谷1-20-1 )

 昭和13年2月27日に開園され、総面積78,583.60平方メートルの都立公園です。

 「不如帰」「自然と人生」「みみずのたはこと」などの名作で知られる明治・大正期の文豪、徳富蘆花(健次郎)と愛子夫人が、後半生を過ごした住まいと庭、それに蘆花夫妻の墓地を中心とした旧邸地部分とその周辺を買収してつくられました。

 蘆花は明治40年2月まで、東京の青山高樹町に借家住まいをしていましたが、土に親しむ生活を営むため、当時まだ草深かった千歳村粕谷の地に土地と家屋を求め、「恒春園」と称し、昭和2年9月18日に逝去するまでの約20年間、晴耕雨読の生活を送りました。

 昭和11年の蘆花没後10周年忌に際し、愛子夫人から当時の家屋、耕地など旧邸地の一切が東京市に寄贈され、市では昭和13年、夫人の意向に沿って、武蔵野の風景を保存し、公園として公開を開始しました。これらの建物は老朽化により昭和58年〜60年度にかけて改修を行い、「徳富蘆花旧宅」として、昭和61年3月10日東京都の史跡に指定されました。

活動のきっかけ

 平成7年頃、80軒ほどあった民家が立ち退き、都が「樹林公園」を計画していることを知りました。それを知った地元商店街、町会、住民は、樹木よりも、『花いっぱいの、明るい公園を、憩いの場を』という意見が出て、そこから有志が集い話し合いを重ねました。
 平成8年1月に都に要望書を提出、7月には「芦花公園花の丘友の会」を結成。平成11年にはこの組織を法人化「NPO法人芦花公園花の丘友の会」を設立いたしました。

拡がり実を結ぶ、地域の力

現在、活動の三本柱となっているのは、

●花グループ
  2,000平方メートルの「花の丘」地区の花壇の管理運営。

 夏の暑い時の草取りや水やり、冬の寒い時の作業など、お花が大好きなメンバーの努力により、 花壇に四季折々の花々が咲き乱れています。また、近隣小学校の総合学習の場として毎年100人以上の児童が花づくりに参加しています。
 
●イベントグループ
  地域のお祭りとして、毎月(1.8月は除く)第1日曜日に開催してる「花の丘フェスタ」の実施。

 
「花の丘フェスタ」は、毎回20店以上の出店があり、季節を感じさせる地域のお祭りとして、すっかり定着し毎回、大勢の方々にご来場いただいています。

●とんぼ池グループ
  園内に作られた、「みんなのとんぼ池」「芦花公園自然観察資料館(通称:やごの楽校)」の管理運営。
 児童から年輩者までの幅広い参加者を得て、自然環境教育に貢献、地域に水のある景色を提供しています。

  普段の毎日を見ても、犬のお散歩、ジョギング、ウォーキングにと、毎日、大勢の方々が、「花の丘」の花に癒され、高遠コヒガン桜の下でお花見をしたり、とんぼ池の上を舞うヤンマや飛来するカルガモに笑みを浮かべたりしています。
 いったい年間を通して、この都立蘆花恒春園を訪れる方、「花の丘」を訪れる方、関わっている方はどの位 いるのでしょうか?

 目に見える来場者数だけでなく、ここに地域活動が生まれたことによって、地域のネットワークができ、地域ぐるみの街づくり、子育て支援、高齢者支援……と、ソフト面 での拡がりも大きな成果だと思います。

 私共は、今後も地域住民による、地域活性化、地域づくりのために頑張っていきたいと思います。

皆様へ、感謝を込めて

 私共が、活動を開始してからのこの13年余りで、ここまで活動の幅を拡げ、皆様方に認めていただけたのは、ひとえに、地域住民のご理解、東京都、世田谷区をはじめとする行政のバックアップがあっての賜です。ありがとうございます。

inserted by FC2 system